子供の吃音(どもり)の 治し方

子供の吃音(どもり)の 治し方

子供の吃音(どもり)の 治し方

 

子供の吃音(どもり)を治すには。

 

お子さんのどもりにお悩みではありませんか?

 

子供の吃音(どもり)対策は早く始めた方が早く治ります。
可愛いお子さんのどもりに苦しんでいる姿を見て、
とても平気でいられません。

 

私は、我が子が子供の頃に、どもる様子を見て悩んだ一人です。

 

子供が話したい事があっても、言葉が出てこなくて、
一生懸命身振り手振りで表現する姿を見て
可哀想で、いじらしくて、何度泣いたか知れません。

 

あなたのお子様はどうですか?

 

もし、そうだとしたら、親としてお子さんのどもりを
何としても治して上げたいとお考えではないでしょうか?

 

わたしは、
本当に、子供のこれから先の事を考えると
不安で胸が押しつぶされそうでした。

 

子供のどもりに気がついた時から、
ずっと、ずっと頭の中はどもりのことばかり考えていました。

 

子供のどもりを考えると、
悪い方・悪い方にと考えてしまいます。

 

・この子のどもりが一生治らなかったらどうしょう・・・・・・
・近所で仲間ハズレにならないだろうか・・・・・
・保育園・幼稚園でからかわれて、苦しまないだろうか・・・・・
・学校・友達などで、いじめられるのではないだろうか・・・・・
・このままずっと、治らないではないだろうか・・・・・
・不登校になってしまったらどうしよう・・・・・

 

っと、悪い不安ばかりで頭がいっぱいでした。

 

もし、あなたが私と同じ状態なら、
その気持ち痛いほどわかります。

 

子供の吃音障害は、自然に治る場合がある・・・とも聞きます。
しかし、我が子が治るとは保証出来ません。

 

そのまま治ると信じて待っていて、もし治らなかったら・・・・・

 

どもりは、大人になったらますます治りにくくなります。

 

また、治るまで苦しい日々を送らなければなりません。

 

私は、子供のどもりに気がついて、比較的早い時期に
対策を立てました。
お陰で、無事に克服することが出来ました。

 

どもりが治ったと感じた時、本当に嬉しかったですね〜!

 

子供のどもりは、子どもたちが活発に話し始める
言語発達の時期2歳から5歳位の幼児期に
起こる事が多いようです。

 

我が家でもこの時期にどもりが始まりました。
幸いにも、早い時期に気がつき、対処したのが
早期克服につながったのだと思います。

 

できれば、可愛いお子さんの為に少しでも早い時期での
対策をしてあげて下さい。

 

こちらが、参考になりますよ!

 

   → 吃音(どもり)の 治し方

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
幼児〜小学校入学 小学校 中学校 病気・心の悩み 親の学習 部活・レッスン