子供の能力を引き出す勉強法

遊びから学ぶ・幼児〜小学校入学

子供の脳は6歳までに造られる

子供はいくつになっても、可愛い・・・・
どんなに大きくなろうとも、親から見れば可愛い子供です。
あなたも子供を持つと、この気持ちを味わうと思います。

 

いやいや、すでに経験して子育ての真っ最中ですよね!

 

子供を持つと、子供の成長に親として一喜一憂します。

 

しかし、子供といえど親の思うように育つとは限りません。

 

自我に目覚めると、想像のできないような行動に出ることもしばしばあります。
親は子供の先生でもあり、子供にいろいろなことを教わる生徒でもあります。
私も、沢山のことを子供から学びました。

 

これから先、子供の将来を見据えた躾が大切だと痛切に思います。
しっかりと躾けられているお子さんは、素質として表情に表れてきます。
「子供を見れば親が分かる。」っと、言いますが、子供は家庭そのものです。

 

幼児〜小学校入学は、一番物事を吸収する時期です。
この時期に、沢山のことを教えると、スポンジのような脳で、
グングン覚えて行きます。
遊びの中から、しっかりと学ばせましょう。
この時期を見逃すと、人生大きな損失ですよ。

 

 

 

 

 この時期に、遊びの中からしっかりとした基礎を作ることが大切です。